FC2ブログ

あとりえ庵

≫ EDIT

ビオラの演奏と、聖堂見学

   
何度か演奏を聴く機会があったザザ ゴグアさんの演奏会、吹田の大阪ハリストス正教会である、とのこと。紅葉が始まった日曜日、出かけて行きました。
丘の上の教会、とんがり屋根の鐘楼とタマネギ屋根の塔がみえます。

   
ザザさんのコンサートは、バッハのアリオーソの始まり、ジョージアの民族音楽も交えて、1時間以上、存分に楽しむことができました。特に、ドウルリという太鼓を表現した曲は、ビオラとは思えないようなテクニックでした~。
さて、隣の聖堂を見学させていただけるとのことで……入り口から入って、目を見張る光景が。

いわゆる祭壇は見えず、幅いっぱいのスクリーンのようなものが。司祭様のお話によると………。

これはイコノスタス ( 聖障)というものだとか。1907年にモスクワのグリアノフ工房で製作されたというサインがあり、100年前に日本へ来たとのこと。中央に「天門」という天国への門を意味する扉があり、中段には受胎告知の様子が描かれていました。この扉からの出入りは司祭様だけに許されるのだそうです。
随分前のことですが、ブルガリアを訪れた時に、このような教会に入り、少々変わったイコンを見たことを思い出しました。ブルガリア、ルーマニア、そしてジョージアも、ロシア正教会の流れのなかにあると。
西ヨーロッパのカトリックやプロテスタントの教会とは趣を異にし、落ち着いた安らぎを感じました。
ビオラの演奏、聖堂の見学………東欧を旅したような午後でした。
スポンサーサイト



| 未分類 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京都、色づき始めました~。松花堂へ……。


松花堂弁当でその名を残す松花堂昭乗ゆかりの庭園、美術館を訪ねました。石清水八幡宮の僧であった昭乗は隠居後、この地に草庵を建て、松花堂と名付けました。
広い庭園を進むと少し紅葉が始まっていましたね~。


庭園内にはいくつものお茶室がありましたが、先ず、松隠へ。小間 閑雲軒は小堀遠州によるもので、おこし絵図により再現したものだとか……。

躙口の位置が遠州そのもの、茶室の中ほどにあります。作事奉行でもあった遠州は、茶室の中にもやはり上座、下座の区別を表しています。

点前座の中柱は、リョウブという木の皮付きだそうです。微妙にうねっていました。
躙口の左、床前が上座、右が下座、

上座の天井は平天井で真菰張り、下座は化粧屋根裏のまま、と差をつけています。

さて次は、梅隠へ……。苔むした蹲居には水琴窟があり、清らかな水音を楽しめました。

腰掛待合の開けられた窓から、色づいた紅葉が……絵のようです。

さて、梅隠は宗旦好みの小間に土間があり、茶室へは内露地から入ります。建物の右に見える中潜りを跨いで入り、、、

これを着物姿の女性が跨いで入るのは困難では?と思いましたが、当時、お茶は男性が嗜むものだったので問題なし、とのこと。
  
田舎家風の茶室とのことで、床の間も塗り回し、床には和紙が貼られていました。床柱は、栗の手斧がけ、素朴な居心地の良さを感じます。
 
天井は大らかな網代で、年月を経ていい味になっていました。

庭には、宗旦椿が、楚々とした花をつけていました。

この庭園には、約40種の竹や笹が植えられていて、中には金明孟宗竹など珍しいものもあるとか……さらに様々な竹垣もあちこちに見られました。庭園横には、有名な吉兆もあり、松花堂弁当をいただけるようです。松花堂昭乗が、絵の具箱や道具入れとして用いていた四つ切りの塗り箱が、吉兆の湯木氏によりお弁当箱として考案され、今も広く使われているようです。そういえば我が家にも塗りの松花堂弁当箱があり、昭乗に親しみを感じました。

| 未分類 | 07:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カカアコのウオールアート

近年、人気が出てきたカカアコ地区、殺風景な倉庫街だったところが、ウオールアートがどんどん増えて人気のゾーンに。
先ずは、見た目は可愛いスイーツのお店へ。孫娘達は「どうしても行きたい!」お店だったようです。タピオカ入りのブルーベリースムージーの上に、ふわふわの綿菓子が乗っている、ただそれだけのこと………。インスタ映え?  あまりにも甘くて持て余していましたね~。
ウオールアートは年々、描き変えたりもして、とても全部見て回ることができないくらい増えています。有名なアーティスト、地元のアーティストによるものだそうです。
孫達が一番見たかったのが、このアロハモンスター、

迫力満点の女性の顔、

キュートなフラガール、

まだまだ……いろいろ……


やはり日中は暑かったので、ほどほどで切り上げて、昨年オープンしたWhole Foods Marketへ。上階へのエスカレーター、人間用と並んで大きなカート専用のレーンがあるのは中々面白い。乗せた人が上で引き取ります。

さて、ディナーはホテルから歩いて、レッド-ロブスターへ。

ロブスター、シュリンプ、ホタテ貝柱、ムール貝、そして又々、12オンスのステーキ……。やはりステーキは、ウルフギャングの熟成肉の方が美味しかったですね~。でもみんなでワイワイ食べると本当に美味しい。

3泊5日の旅はあっという間に終わり……。
翌日、ホノルル空港で、『嵐』に出会いました。長男一家は成田へ、次男夫婦と私は関空へのフライトです。

往きは、7時間ちょっとでしたが、帰りは何と、9時間半の飛行。全員怪我も病気もなく、旅を終えることができ何よりでした~。

| 未分類 | 18:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SUPに挑戦!

Stand up paddle board ……去年はこれに挑戦して楽しんだのですが、尻餅をついて、なんと、圧迫骨折してしまった私、今年は絶対に止めるように友人から言われてしまいました。ということで、今年は孫達の挑戦を見ているだけ。
  

  
午後になってホテルへ戻り、ロイヤルハワイセンターへ。ステーキハウスのウルフギャングへ……。本来、高いお店ですが、ハッピーアワーを利用して目一杯食べました。
ステーキスライダー、テンダーロインケバブ、タルタルステーキ、
    
シーフードコンボ、ニューヨークサーロイン (12オンス)、ロコモコ、
 
サーロインステーキ以外は8ドルという嬉しい価格です。ハワイのカクテル、マイタイも注文しました~。
  
最後は大きなニューヨークチーズケーキ、皆んなで分けました。

さて、どうしても行きたかったインターナショナルマーケットプレイス、数年前に全面リニューアルした場所です。


52年前にも来たのですが、当時はもっと鬱蒼とした樹々の中に小さなお店があるローカルなショッピングセンター、樹齢150年のバニヤンツリーはそのままの姿を見せていました。
そしてそこに、懐かしいドン-ホーの銅像が……。ハワイの有名なエンターテイナーで、52年前にはディナーショーに行きました。(若い人は誰も知らないですね)
“ tiny bubble in the wine……” と今でも歌詞が浮かんできます。あれから半世紀、孫達と来れるなんて……感無量です!


夜になって、マジック&ポリネシアンショーを観に。マジックは中々、ダイナミックで、ファイアーダンス、フラダンス、タヒチアンダンスと続きました。そして、何故か、我が家の次男が舞台の上に引っ張られてマジックに参加。小さな声で指示があったそうですが、結構 客席の笑いをとっていました~。写真を撮ることはできませんでしたが、面白い体験ができたようです。

| 未分類 | 17:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホノルルで全員集合‼️  

念願の全員集合ハワイ旅行………成田からの長男一家、関空からの次男夫婦と私、いよいよホノルルで集合です。

ヒルトンハワイアンビレッジのタイムシェア、グランドアイランダーに滞在です。今回は、2 bedroom と1bedroom、2つの部屋を確保。それぞれに広いキッチン、ダイニング、リビングルームがあり、ゆったり過ごせます。
    
アラモアナセンターでそれぞれが行きたいお店でショッピング。ハワイのパンは何故か美味しくないのですが、ブルグベーカリーという美味しいパン屋さんを教えてもらって、いっぱい買い込みました。奥のフードランドは、見ているだけでも楽しいスーパーマーケットです。そこで、フライドチキン(これが絶品‼️)、サーモンのポキ、白身魚のバターレモンソテー、マッシュルームのガーリックソテー、グリーンサラダなどなどを買い込み、ホテルの部屋で晩ご飯。
今回の部屋は山側と海の両方にベランダがありましたが、夜になると山側の景色は最高に綺麗。

さて、ヒルトンでは毎週金曜日に花火が上がります。7時45分から、ということで、全員揃ってビーチへ降りて行きました。

すぐそこで地面からドドドーンと………間近で見る花火はすごい迫力でした~。

| 未分類 | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT